市況研究社日報

史上最高の反収、史上2番目の豊作

「市況研究社日報」(穀物) 2018年11月9日(金)

史上最高の反収、史上2番目の豊作

●米国トウモロコシの反収と生産高予想(米農務省)
    エーカーあたり  生産高
2018年   178.9    146億2600万ブッシェル
2017年   176.6    146億0400万ブッシェル
2016年   174.6    151億4800万ブッシェル
2015年   168.4    136億0200万ブッシェル
2014年   171.0    142億1600万ブッシェル
2013年   158.1    138億2900万ブッシェル

昨夜の米農務省の需給見通しについて、目の前の印象としては「強材料」と解釈する向きがあります。米国トウモロコシの生産高は10月予想の「反収180.7(bpa)、生産高147億7800万bu.」から11月予想は「178.9(bpa)、146億2600万bu.」に引き下げられた。

しかし、本年(2018)の米国トウモロコシが<史上最高の反収(たんしゅう)><史上2番目の豊作>であることに変わりはありません。

われわれが重要と考えるのは、目の前の印象(10月と11月予想の差)ではない。

重要なことは、全体観として、トウモロコシの国際供給が潤沢であればOKです。

米国トウモロコシの需要については、まだ「2018/2019市場年度が始まったばかり」なので、来年1月に発表される全米四半期在庫まで各種データの動きを見守りたいと思います。

海上運賃(フレート)下げ

今週のドライバルク・マーケットでは、ケープサイズのスポット主要航路傭船料が激しく下げています。

ケープサイズの下げは、飼料原料のフレートではありませんが、それでもいいニュースです。

一部では「本年(2018)は海上運賃が暴騰する」と欲を出していた向きがあるので、船腹需給にタイト感がないなら、強欲な思惑人気は失望するだろうと思います。

ケープサイズもパナマックスも、そしてハンディマックスも、以前から課題であった<Increasing vessel orders and slowing vessel scrapping>が続いているのではないかと思います。海上運賃がここ3週間下落していることは、日本など飼料穀物の消費国にとって、調達価格を抑制する要因です。

●バルチック指数
2018年11月8日(木曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1231 (-73)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 1747 (-221)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1496 (-15)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1013 (-8)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  658 (-2)

2018年11月7日(水曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1304 (-91)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 1968 (-328)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1511 (-17)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1021 (-12)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  660 (-3)

2018年11月6日(火曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1395 (-33)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 2296 (-101)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1528 (-3)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1033 (-8)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  663 (-2)

2018年11月5日(月曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1428 (-29)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 2397 (-105)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1531 (+1)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1041 (-10)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  665 (-1)

2018年11月2日(金曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1457 (-13)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 2502 (-28)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1530 (+4)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1051 (-10)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  666 (-2)

2018年11月1日(木曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1470 (-20)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 2530 (-66)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1526 (+2)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1061 (-12)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  668 (-3)

2018年10月31日(水曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1490 (-23)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 2596 (-34)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1524 (-6)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1073 (-14)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  671 (-4)

2018年10月30日(火曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1513 (-9)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 2630 (+23)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1530 (-26)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1087 (-19)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  675 (unch)

2018年10月29日(月曜日)
Baltic Exchange Dry Index    BDI 1522 (+3)
Baltic Exchange Capesize Index  BCI 2607 (+81)
Baltic Exchange Panamax Index  BPI 1556 (-27)
Baltic Exchange Supramax Index  BSI 1106 (-11)
Baltic Exchange Handysize Index BHI  675 (unch)

------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 市況研究社日報(日刊、E-mail)_総合 _/_/_/_/_/_/_/_/
□ 発行 市況研究社 http://www.shikyo.ecweb.jp/ _/_/_/_/_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/