市況研究社日報

なぜ原油相場が上昇したのか?

「市況研究社日報」(石油) 2018年 3月19日(月)

なぜ、週末の原油相場が上昇したのか?
当社が推測するところでは、金融市場の投資資金が「買い策動」を再開しているためです。

欧米金融市場の機関投資家は、サウジアラビアの「ムハンマド・ビン・サルマン皇太子」や米国の「トランプ大統領」が大好きなので、3月20日(火)の会談を「イラン核合意からの米国離脱」に向けたプロセスと期待し、先週から原油相場を買い直している。

サルマン皇太子とトランプ大統領

2015年3月にサウジアラビアがイエメンに侵攻したとき、当社「日報」では「ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子」について「詰めの甘い」「危険な人物」とお伝えしました。

米国のトランプ氏については2016年11月、「多重虚偽」、「危険な幻想の商売」、「現実からの逃走」という3つの要素で特徴付けた。

振り返ってみれば、サウジアラビアで「ムハンマド・ビン・サルマン副皇太子」が台頭し、ビジョン2030を打ち出し、サウジアラムコのIPO(新規株式公開)を発表したとき、欧米金融市場は好意的であった。サルマン皇太子は、対イラン強硬策を次々と画策した。2015年3月のイエメン侵攻、イランとの国交断絶、レバノンに介入し、さらにカタールとの国交も閉ざして制裁を試みた。サウジアラビアはその泥沼の中にある。

サルマン皇太子は、サウジアラビアのこれまでの伝統的な外交政策を一変させて、対イラン強硬策を打ち出した。米トランプ大統領はサルマン皇太子の支援者であった。

トランプ米大統領はイランに対する強硬策を唱えており、イラン核合意を拒んでいる。来る5月12日には、トランプ米大統領は「イラン核合意」を認めるのか、それとも「合意」から離脱するのか、再び判断することになっている。

今週3月20日は、そうした危険で詰めの甘い2人が会う。2人が会えば、ろくな話はしないので、金融市場の機関投資家は「対イラン強行策」を期待して、この2人を「買い材料」にしている。

ファンドは「5月12日」に向けたプロセスとして、対イラン強硬策期待から「原油買い」を策動している。

当社では、「危険な幻想の商売」よりも、現実を見ることが大事と考えています。金融市場の機関投資家は「サルマン皇太子」と「トランプ米大統領」をめぐって、原油の「買い策動」を繰り返すと思いますが、それによって回り道をすることがあっても、最終的に目指す方向は<下>と考えています。

サウジアラビアの市場シェアの低下

サウジアラビアは、米国向け原油輸出が大幅に減少し、主力のアジア向け輸出でも市場シェアを低下させている。見なければならないことから目を背け、対イラン強硬策に「活路」を求めようとしても、得るものはないと思います。

米国石油会社はサウジアラビアからの原油輸入量を大幅に減少させている。

かつて米国は、サウジアラビアからの原油輸入量が「2003年8月=月間平均1日あたり230万5千バレル」を記録したことがあった。しかし、現在では「1日あたり50万バレル台」にまで、度々低下している。米国石油会社はサウジアラビアから原油を買わなくなった。とくに昨年後半から、サウジアラビアからの原油輸入減少が目立っている。

「サルマン皇太子」と「トランプ米大統領」が対イラン強硬策を追求しても、米国石油会社がサウジ原油の購入数量を増やすことはない。

<米国のサウジ原油輸入量(確報値)
Source: U.S. Energy Information Administration
2018年2月28日発表
単位: 1日あたりバレル
      2017   ←  2008    ←  2003
12月  71万9千バレル  147万1千バレル  184万1千バレル
11月  78万0千バレル  151万4千バレル  144万7千バレル
10月  57万2千バレル  148万7千バレル  188万6千バレル
09月  67万6千バレル  143万1千バレル  207万0千バレル
08月  74万1千バレル  157万3千バレル  230万5千バレル
07月  79万5千バレル  169万0千バレル  200万2千バレル
06月 101万5千バレル  146万4千バレル  190万0千バレル
05月 110万9千バレル  160万4千バレル  153万5千バレル
04月 115万4千バレル  146万2千バレル  174万9千バレル
03月 117万3千バレル  154万2千バレル  145万1千バレル
02月 133万8千バレル  160万8千バレル  168万1千バレル
01月 134万5千バレル  150万3千バレル  141万0千バレル

<米国のサウジ原油輸入量(速報値)
Source: U.S. Energy Information Administration
2018年3月14日発表
単位: 1日あたりバレル
本年の推移(2018)         前年同期(2017)
03/10-03/16/2018          03/17/2017 128万3千バレル
03/03-03/09/2018  67万2千バレル  03/10/2017 107万6千バレル
02/24-03/02/2018  77万9千バレル  03/03/2017 150万2千バレル
02/17-02/23/2018  53万7千バレル  02/23/2017 135万7千バレル
02/10-02/16/2018  51万7千バレル  02/17/2017 106万4千バレル
02/03-02/09/2018  70万0千バレル  02/10/2017 145万7千バレル
01/27-02/02/2018  79万5千バレル  02/03/2017 143万0千バレル
01/20-01/26/2018  84万3千バレル  01/27/2017 130万7千バレル
01/13-01/19/2018  68万2千バレル  01/20/2017 117万8千バレル
01/06-01/12/2018  61万4千バレル  01/13/2017 136万3千バレル
12/30-01/05/2018  61万3千バレル  01/06/2017 110万7千バレル

------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 市況研究社日報(日刊、E-mail)_総合 _/_/_/_/_/_/_/_/
□ 発行 市況研究社 http://www.shikyo.ecweb.jp/ _/_/_/_/_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/