市況研究社日報

レンジ下辺を下抜け

「市況研究社日報」(石油) 2018年12月19日(水)

ブレント原油期近はここ3週間にわたって「62ドル-58ドル」の小揉み合いを続けたあと、昨夜の相場で「57ドル台」にあったレンジ下辺を突き抜けて下げた。

「62ドル-58ドル」レンジを突き抜けるために「3週間」を要したが、この「3週間」は<物事が必要とする時間>であった。

当社「日報」では11月21日、ブレント原油の4ドル下げ(11月20日)に際して<短期資金の動きの変化>と分析しました。

金融市場の投資資金がポートフォリオのリスク削減に取り組んでいる可能性が高いと考えて、債券(金利)、為替、株、原油などを<全体観>としてお伝えしてきました。

おおざっぱに考えると、今朝の下抜けによって、わが国の原油輸入CIFは来年(2019)1月「43,700円/KL」あたりに下げる公算が大きい。

米FOMC

米国現地12月18日(火)-19日(水)は、連邦公開市場委員会(FOMC)です。

(1)欧米金融市場の投資資金は「株の買い」や「原油の買い」で利益をあげることができず、損失を出している。本年(2018)は、ファンドの閉鎖等のニュースが多い。

(2)世界の大規模な資産クラスの中で、本年(2018)のリターンが最も高いのは米財務省短期証券です。株価指数をはるかに超えるリターンを、安全で流動性の高い米財務省証券で得ることができるようになっている。「株」や「原油」で「切った、張った」の勝負をしなくても、米債券市場で短期債を買っておけば、株や原油以上の投資リターンを得ることができる。景気サイクルの終盤では、信用力の高い資産、利回りの高い資産として、短期債投資が見直される公算が大きい。

(3)景気サイクルの終盤では短期債投資が見直され、米国債が買い直されるので、米国債の利回りは低下する。米2年債が買い直され、米2年債利回りが低下すると、外為市場では円高要因に働く可能性が高い。

米2年債利回りの低下

当社では、株や原油だけでなく、外為市場のドル円の分析でも「米2年債利回り」を指標にしています。「日本経済新聞」など一部では「金利差」の指標に「米10年債」を掲げるところがありますが、長期金利の10年債は短期資金の動向を見るには適さないと思います。

米2年債利回りが続落していることによって、日米金利差が縮小しています。

Daily Treasury Yield Curve Rates
      1mo 3mo 6mo 1yr 2yr 3yr 5yr 7yr 10yr 20yr 30yr
12/18(18) 2.35 2.39 2.53 2.64 2.65 2.64 2.65 2.74 2.82 2.96 3.07
12/17(18) 2.36 2.40 2.54 2.66 2.70 2.68 2.69 2.77 2.86 3.00 3.11
12/14(18) 2.36 2.42 2.56 2.68 2.73 2.72 2.73 2.81 2.89 3.03 3.14
12/13(18) 2.36 2.43 2.56 2.69 2.75 2.76 2.75 2.83 2.91 3.05 3.16
12/12(18) 2.30 2.43 2.56 2.70 2.77 2.78 2.77 2.84 2.91 3.04 3.15
12/11(18) 2.28 2.41 2.55 2.70 2.78 2.78 2.75 2.81 2.89 3.02 3.13
12/10(18) 2.32 2.41 2.54 2.69 2.72 2.73 2.71 2.77 2.85 3.00 3.13
12/07(18) 2.32 2.40 2.54 2.68 2.72 2.72 2.70 2.77 2.85 3.01 3.14
12/06(18) 2.36 2.41 2.56 2.70 2.75 2.76 2.75 2.80 2.87 3.01 3.14
12/04(18) 2.37 2.42 2.58 2.71 2.80 2.81 2.79 2.84 2.91 3.05 3.16
12/03(18) 2.30 2.38 2.56 2.72 2.83 2.84 2.83 2.90 2.98 3.15 3.27

      1mo 3mo 6mo 1yr 2yr 3yr 5yr 7yr 10yr 20yr 30yr
11/30(18) 2.31 2.37 2.52 2.70 2.80 2.83 2.84 2.92 3.01 3.19 3.30
11/29(18) 2.31 2.37 2.52 2.69 2.81 2.83 2.85 2.94 3.03 3.21 3.33
11/28(18) 2.31 2.40 2.53 2.69 2.81 2.84 2.87 2.97 3.06 3.23 3.34
11/27(18) 2.31 2.41 2.53 2.70 2.83 2.86 2.89 2.98 3.06 3.22 3.32
11/26(18) 2.24 2.41 2.54 2.70 2.84 2.86 2.90 2.98 3.07 3.22 3.32
11/23(18) 2.25 2.41 2.52 2.67 2.81 2.83 2.88 2.97 3.05 3.21 3.31
11/21(18) 2.25 2.41 2.52 2.67 2.81 2.84 2.89 2.98 3.06 3.22 3.31
11/20(18) 2.23 2.39 2.51 2.67 2.79 2.83 2.88 2.97 3.06 3.22 3.31
11/19(18) 2.23 2.38 2.52 2.66 2.79 2.82 2.87 2.97 3.06 3.22 3.32
11/16(18) 2.21 2.36 2.50 2.68 2.81 2.85 2.90 2.99 3.08 3.23 3.33
11/15(18) 2.20 2.37 2.51 2.70 2.86 2.91 2.94 3.02 3.11 3.27 3.36
11/14(18) 2.24 2.38 2.52 2.71 2.86 2.92 2.95 3.04 3.12 3.26 3.35
11/13(18) 2.24 2.38 2.53 2.72 2.89 2.95 2.99 3.07 3.14 3.28 3.36
11/09(18) 2.21 2.36 2.52 2.73 2.94 3.01 3.05 3.13 3.19 3.32 3.40
11/08(18) 2.21 2.35 2.52 2.74 2.98 3.05 3.09 3.17 3.24 3.36 3.43
11/07(18) 2.23 2.37 2.51 2.74 2.96 3.03 3.07 3.15 3.22 3.35 3.43
11/06(18) 2.23 2.35 2.52 2.72 2.93 3.01 3.05 3.14 3.22 3.35 3.43
11/05(18) 2.20 2.36 2.51 2.71 2.91 2.99 3.03 3.12 3.20 3.34 3.43
11/02(18) 2.19 2.33 2.50 2.70 2.91 2.98 3.04 3.13 3.22 3.37 3.46
11/01(18) 2.21 2.32 2.49 2.67 2.84 2.91 2.96 3.06 3.14 3.29 3.38

------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 市況研究社日報(日刊、E-mail)_総合 _/_/_/_/_/_/_/_/
□ 発行 市況研究社 http://www.shikyo.ecweb.jp/ _/_/_/_/_/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/